TOP > iPhoneの今後の展望

iPhoneの今後の展望

iPhoneは日本のみならず世界中で非常に人気のスマートフォンです。


しかしiPhoneの販売元企業の業績が約13年ぶりに前年比を下回ったというニュースは記憶に新しいでしょう。

特に日本においては、直近に発売された最新機種の販売は好調なものの、円安の影響で本体価格が高止まったこともあり、全体的には売上は低迷しています。



世界的に見ても、中国を除いては他の地域の売上は横ばいか下回っているのが現状です。こうした状況を鑑みるとiPhoneは今、岐路に立っていると言えます。

毎年9月に新機種の発表が予定されていますが、今年の新モデルは性能こそ改善されることが予想されるものの、サイズや薄さ等は変更しないのではないかとの噂が広まっています。更にここ数年は通信料を低く抑える格安スマートフォンの存在を無視することはできません。



大手キャリアの携帯端末の売上が伸び悩んでいる一方で、格安スマートフォンの売上高は前年の約2倍と非常に好調です。

さらにユーザーがスマートフォンに求める機能も以前よりも多様化しています。

電話をほとんど使用しない人もいれば、ポケットWiFiとして携帯端末を利用する人もいます。


こうしたユーザーの利用法に応じて格安スマートフォンは料金形態を敷いています。



そのためiPhoneもこうしたきめの細かい料金形態の確立と、よりユーザーの利用用途に対応したサービスを展開していかなければ、最悪の場合は端末市場からの撤退もあり得ます。