TOP > 日本人が購入するiPhoneのオプション製品

日本人が購入するiPhoneのオプション製品

スマートフォンが登場して以降、私達の日常生活はかつてないほど便利になりました。
しかし基本的には精密機械ですので、利用中に落としたり、あるいは水没するなどの危険も日々の利用においてははらんでいると言えます。



それはiPhoneも例外ではありません。
しかし海外のユーザーは一般的にこうした危険回避の対策を講じず、そのままの状態で利用するケースが多いと言えます。


一方、日本人はiPhoneを利用する際には必ずと言ってよいほどオプション品を購入します。

間違って落とした場合の対策として純正・非純正に関わらず様々なケースを購入しますし、ディスプレイ保護のために液晶フィルムは必須と言えます。



こうした傾向は日本人特有のものであるようですが、そのおかげでiPhoneの新製品が発売されると、それに伴ってオプション製品の売上も伸びることから、一つの市場活性化に貢献しているとも言えます。

またiPhoneは日本人の所有率が高いスマートフォンですので、オプション品は100円ショップなどで気軽に購入出来ます。
これによりユーザーも余計な費用を負担せずに済んでいます。


iPhoneをビジネスで利用するシーンも、5.5.インチの6プラスが発売されて以降高まっていると言えます。


文書作成にはキーボードの利用が必須です。



しかしデフォルトの機能では作業効率が悪いことから、Bluetoothや無線を利用したキーボードを活用して業務を行う人も増えています。